誰もが憧れるマイホーム、新築に中古、一軒家にマンションにと種類や
立地条件などは多々あれどそう何度も他のお買い物のように
買い替えが効かない住宅選び、まさにマイホーム住宅購入は
生涯最大級のイベントなのです、賃貸とは違い物件探しから(融資)ローン
後から怖い税金等マイホーム購入に必要な基礎知識を身につけて失敗しない
納得のいくマイホームを手に入れて下さい


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引っ越しのポイント

引っ越しのポイント


*普段より金銭感覚がおかしくなってますから慎重に
*引っ越し業者はネットで見積もりが便利


やっと夢のマイホーム

これから新しい住宅と環境で再出発

いままで慣れない不動産取引や

住宅ローン(融資)で頭を悩ましていましたが

やっと神経的には解放されほっと一息

しかし最後の一仕事引っ越しが待ってます

ご自信や家族だけで引っ越しされる方から

引っ越し業者へ委託される方まで様々ですが

マイホーム住宅購入という大きな買い物でハイテンション

じっくりゆっくりお金の使い方は慎重に

普段より金銭感覚がおかしくなってますから

多少の物が安く見えたり必要そうな物は買っちゃえってなってます

なるべくお金の出し入れは慎重に節約節約です

今では引っ越し業者さんをインターネットとかで

一括見積もりなんて便利な方法がありますから

住宅の購入と合わせて情報収集するのがお薦めです

間違ってもいきなり引っ越し業者を家に呼んで見積もりさせない

別にそれでも良いんですが

今決めてくれたらコレだけ値引きしますって即決をせまられますよ
(うちがこのパターンでした 苦笑)
スポンサーサイト

物件の引き渡し登記のポイント

物件の引き渡し登記のポイント


*物件の引き渡し後は直ちに登記


無事住宅ローン(融資)の承認がおり

住宅ローン(融資)の契約

住宅ローン(融資)が実行され物件の引き渡しです

やっと夢に見たマイホーム

車の鍵より重いマイホームの鍵が貴方の手に

でもこれで終わりではなマイホーム住宅購入

一番重要なのが物件の引き渡し後の登記

これをしなければ自分の家ではありません

物件の引き渡し後は直ちに登記して

二重売買などのトラブルを未然に防ぎましょう

困った時は 不動産関連お役立ちリンク

困った時は
不動産関連お役立ちリンク

(財)住宅金融普及協会
http://www.sumai-info.com/

日本弁護士連合会
http://www.nichibenren.or.jp/

国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/

(財)日本消費者協会
http://www1.sphere.ne.jp/jca-home/

NPO総合住宅問題支援機構
http://www.npo-ships.jp/

(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター
http://www.chord.or.jp/

契約 住宅ローン(融資)のポイント

契約 住宅ローン(融資)のポイント


*住宅ローン(融資)の提携ローンで組むか否か
*借りれる額より返せる額
*ボーナスの増額返済は慎重に


マイホーム住宅の購入金額や購入物件にもよりますが

手付金などを支払い 契約 住宅ローン(融資)への申し込みとなるわけですが

もちろん今迄 住宅ローン(融資)のことも調べ

いろいろ情報はあっても購入する不動産物件により

実際に利用出来るできないとかがありますし

またこの物件でこの住宅ローン(融資)をという場合など

不動産業者さんが提携している提携していないで

メリットとデメリットがでてきます

不動産業者さんが提携している住宅ローン(融資)などは

物件の審査も終了しているでしょうし

頭金も少なくまた審査時間も短いという利点もありますが

取引金融機関によっては金利が高く設定されていたい手数料が高い場合もありす

但しマイホーム住宅購入者が個人で取引銀行と住宅ローン(融資)を組む場合

希望に合う住宅ローン(融資)を選べますが

必要書類など取り揃えたり審査等に時間を取られてしまうことに注意しましょう

貸す側は貸す金額 マイホーム住宅購入者からすれば借りれる額に目が行きがちですが

住宅ローン(融資)は返せる額が重要です

またボーナスの増額返済は慎重に毎月の返済額がポイントです

住宅全般 不動産関連お役立ちリンク

住宅全般
不動産関連お役立ちリンク

(財)住宅保証機構
http://www.ohw.or.jp/

(社)近畿地区不動産公正取引協議会
http://www.koutori.or.jp/

(社)首都圏不動産公正取引協議会
http://www.sfkoutori.or.jp/

(社)不動産流通経営協会
http://www.homenavi.or.jp/in_abfrk.htm

(社)全国宅地建物取引業協会連合会・(社)全国宅地建物取引業保証協会
http://www.zentaku.or.jp/

(社)日本住宅建設産業協会
http://www.nichijukyo.or.jp

東海不動産公正取引協議会
http://www.tfkoutori.jp/

住宅購入申し込みのポイント

住宅購入申し込みのポイント


*必要書類重要事項のコピーを事前にもらう
*記載内容を(言葉)等を理解し把握する
*当たり前ですが完全に納得するまで契約しない


ドキドキやっとこぎつけたマイホーム住宅購入

必要書類も揃って不動産業者の担当者から説明されるわけですが

これがなかなか難し言葉や理解できない箇所が多々あります

住宅購入の申し込みや契約書類等は

事前にコピーをもらい内容をちゃんと理解把握しておくことが重要です

当たり前のことですが住宅購入に関する重要事項の説明を受け

ちゃんと納得してから契約しましょう

嘘のようですがマイホーム住宅購入前は何故かハイテンション

通常の神経とは違ってお金使いも荒くなるというか

金銭感覚がおかしくなっています

だから当たり前のことでも見落としがちです

一戸建て 不動産関連お役立ちリンク

一戸建て
不動産関連お役立ちリンク

(財)住宅産業情報サービス
http://www.hiis.or.jp/

(社)日本建築士事務所協会連合会
http://www.njr.or.jp/

(社)住宅生産団体連合会
http://www.judanren.or.jp/

日本土地家屋調査士会連合会
http://www.chosashi.or.jp/

マイホーム購入現地見学のポイント

マイホーム購入現地見学のポイント


*宅内だけでなく周辺の住環境も重要
*不動産業者の担当者の対応
*初めての現地見学は客観的に
*気になる物件は何度も足を運ぶ


ちょっとウキウキ 浮き足立ちがちな

購入するかもしれないマイホーム不動産物件への下見 現地見学

新築や中古物件 施行中等と不動産物件の現地見学も

押さえるポイントが異なりますが

変わらないのは周辺の立地条件や住環境

実際に周辺をくまなく歩いて確認しましょう
(住みやすさと暮らしやすさは別物です)

また感性で判断するというもポイント

理由は説明出来なくてもなぜか違和感があるというのも

十分なマイナスポイントです

気になった箇所などはメモし帰宅してから検討議題に

また忘れて行けないのが不動産業者の担当者の対応

あくまで初めてのマイホーム不動産物件への下見 現地見学は

一歩引いた客観的な気持ちで訪問することがポイントです

また気になる物件は不動産業者の担当者さんと同伴でなく

何度も家族で足を運び確認するのがお薦めです

マンション関連 不動産関連お役立ちリンク

マンション関連
不動産関連お役立ちリンク

(財)マンション管理センター
http://www.mankan.or.jp/

日本住宅管理組合協議会
http://www.mansion-kanrikumiai.or.jp/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。