誰もが憧れるマイホーム、新築に中古、一軒家にマンションにと種類や
立地条件などは多々あれどそう何度も他のお買い物のように
買い替えが効かない住宅選び、まさにマイホーム住宅購入は
生涯最大級のイベントなのです、賃貸とは違い物件探しから(融資)ローン
後から怖い税金等マイホーム購入に必要な基礎知識を身につけて失敗しない
納得のいくマイホームを手に入れて下さい


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産業者に行く前のポイント

不動産業者に行く前のポイント


*お目当ての物件の資料請求
*他の不動産物件との比較検討
*不動産業者の実績や信用度の確認


少しドキドキする不動産業者への訪問

まず訪問する前に

お目当ての不動産物件がみつかったらまずは資料請求をし

他の不動産物件との比較検討にはいります

また都道府県の担当課で不動産業者名簿を調べ

お目当ての不動産物件を取扱っている

不動産業者の実績や信用度をチェックするのもお薦めです
スポンサーサイト

国行政 不動産関連お役立ちリンク

国行政等
不動産関連お役立ちリンク

電子政府の総合窓口(総務省)
http://www.e-gov.go.jp/

国土交通省/住宅・宅地
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/

法務省/民事局
http://www.moj.go.jp/MINJI/

(社)全国住宅供給公社等連合会
http://eb.st46.arena.ne.jp/zenjyuren/

テーマ : 住まい - ジャンル : ライフ

マイホーム住宅物件情報の収集ポイント

マイホーム住宅物件情報の収集ポイント


*新聞広告 住宅情報専門誌 折込広告 インターネット等で情報収集
*家族全員で話し合い条件等の優先順位を決める


新聞広告や住宅情報専門誌 折り込み広告に今ではインターネットにと

新築 中古物件 一軒家にマンション問わず

住宅購入に関する情報は身の回りにあふれています

以前は見向きもしなかった折り込み広告も

マイホームへの意識が高まるにつれ

そのまま捨てずに取っておいたりもするもの
(我が家もそうでした)

特に居ながらにして最新の物件情報を収集できるインターネットは

利便性に優れ常に活用したい所です

但し見やすい調べやすいと言うことは

全てのマイホーム住宅購入希望者の方に当てはまること

お目当ての不動産物件がもしあったなら

素早い決断も必要になって来る場合もあったりします

また先に物件ありきのようなマイホーム住宅選びですが

意外と忘れがちなのが家族全員の希望や意見

家族全員でこれからの住空間 生活環境を含めた話し合いをし

条件等の優先順位を書き出すと未来のマイホーム像がイメージしやすいかもです

お金税金のこと 不動産関連お役立ちリンク

お金税金のこと
不動産関連お役立ちリンク

住宅金融公庫
http://www.jyukou.go.jp/

国税庁タックスアンサー
http://www.nta.go.jp/taxanswer/

日本ファイナンシャル・プランナーズ協会
http://www.jafp.or.jp/

住宅購入資金計画のポイント

住宅購入資金計画のポイント


*貯蓄額からいくら住宅購入資金へまわせるか
*融資(住宅ローン)の調査
*毎月の返済額の目安をたてる


憧れのマイホーム住宅購入ですが

新築でも中古物件でも、それ相当の資金が必要になってくる住宅購入資金

一軒家にマンション もちろん住みたい地域の地価等

かなり価格差があるのも実情ですが

まずは預貯金 貯蓄額等からいかほど

マイホーム住宅購入資金に捻出できるかがポイント

欲しい気持ちが先走ってこの段階で不動産業者を訪ねるのは時期尚早

まずは家族で購入予算(貯蓄額からいくら資金をまわせるか)を考え

融資(住宅ローン)の種類またその仕組みを調査し

ご家庭で無理なく返済できる毎月の金額を検討しましょう

テーマ : 住宅・不動産 - ジャンル : ライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。